▲ ページの先頭へ

コース紹介

SNSIとは・・・

ダイビングの聖地・イタリアで生まれたSNSI
今注目を集めているのが1994年にイタリアで設立され、23年の実績において欧米のみならずアジア圏など、世界中で急成長を遂げているSNSI(Scuba and Nitrox Safety International)です。
設立者はイタリアのダイビング業界の先駆者であるウンベルト・ペポリ氏で、その後現在のCEOであるフルビア・ラミ氏に継承されています。ここ10年あまりで世界にネットワークを広げて急成長しています。
「SNSI」は最新のダイビングデータをもとに、より質の高いトレーニングを目指し、安全で確実にダイビングのできるダイバーを育てるべく活動しています。
また、ダイバーの事を一番に考えた「SNSI」は、今までの指導団体とは違い、ダイビング知識と質の高いスキルがきちんと学べるのが特徴です。

Cカード協議会とは・・・

ダイビング知識と質の高いスキルがきちんと学べるのが特徴です。

スキューバダイビングのライセンスは、正式にはCカード 「Certification Card」と言います。
このCカードは国や自治体が発行するような「免許」や「資格」といった類のものではなく、民間のダイビング指導団体が発行している「認定証」となります。
Cカードをお持ちでない方や未経験の方は、体験ダイビングというコース以外ではスキューバダイビングができません。

ライセンスの種類

スキルアップ

アドバンスドオープンウォーターダイバー

SNSIアドバンスドオープンウォーターダイバーコースは、39メートル(130ft.)にダイビングするためのトレーニングと認定を行います。
最初のダイビングはホバリング/浮力コントロールです。
2つ目はコンパスの使用法とナチュラルナビゲーションを組み合わせてダイビングします。
3つ目は、異なる海洋環境の代表格、ナイトダイビングを行いますが、日中のダイビングで慣れた場所から始めます。
4つ目は、39メートル(130ft.)の水深でダイビングを計画して、深い水域でのダイビングをトレーニングします。
最後は、ボートとドリフトダイビングの基礎スキルを学びます。
コースは5種類の学科セッションを行い、5回の海洋ダイビング実習を行います。
そして、全てが満足なレベルで修了すると、 SNSIアドバンスドオープンウォーターダイバーに認定されます。

横へタップして全体を確認できます。

ダイブ数 参加条件 年齢 最大水深 最低日数
5DIVE OWD以上 15歳以上 39mまで 最短2日

BLSファーストエイド

SNSI BLSファーストエイドプログラムを習得すれば、社会貢献できる市民になれるでしょう。
ここでは、緊急時の応急手当やCPR(心肺蘇生法)を正しく使用できるようトレーニングを行います。
BLSファーストエイドコースは、AHA(アメリカ心臓協会)のガイドラインに沿って、2回の学科セッションとマネキンを使った実施トレーニングで構成されています。
このコースの目的は、正しい神経運動性の知識とCPR運用方法を身につけ、同時にリスク要因やライフスタイルや生存反応と救助法の知識を学習することにあります。

横へタップして全体を確認できます。

ダイブ数 参加条件 年齢 最大水深 最低日数
なし 16歳以上 最短1日

酸素サプライヤー

SNSI 酸素サプライヤープログラムは、酸素を使用したダイビングの緊急時の対応方法を身につけることを目的としています。
ここでは、一般的に使用されている酸素ユニットの正しい使用方法を身に付けます。
SNSI 酸素サプライヤープログラムは、学科セッションとシミュレーショントレーニングで構成されています。

横へタップして全体を確認できます。

ダイブ数 参加条件 年齢 最大水深 最低日数
なし 16歳以上 最短1日

レスキューコース

SNSIレスキューダイバーコースでは、ダイビングを別の観点から捉えます。
自立したダイバーであると同時に、他のダイバーの緊急時にどのように対応すべきかを学習します。
このコースでの目的は、自己救助や他人の救助を的確に行えるスキルとテクニックを習得することです。
プログラム:3回の学科セッションと4回の海洋セッションを通じて、SNSIレスキューダイバー認定に必要な知識とスキルを習得できます。

横へタップして全体を確認できます。

ダイブ数 参加条件 年齢 最大水深 最低日数
BLS
酸素サプライヤー取得者
16歳以上 39mまで 最短2日

ダイブマスター

ダイブマスターは認定ダイバーのガイドとレクリエーションコースを担当するインストラクターの学科や海洋セッションのアシスタントインストラクターとして活動できます。
このコースに進むには、最低10回の学科セッションと5回の海洋セッションの受講が必要です。さらに、インターンとしてSNSIインストラクターと共にオープンウォーターダイバー講習のアシストを行うことができます。

  1. 認定ダイバーを引率およびガイドする。
  2. SNSIコースでの学科、プールおよび海洋でSNSIインストラクターのアシスタントを行うことができます。
  3. SNSIインストラクターコースへの参加

横へタップして全体を確認できます。

ダイブ数 参加条件 年齢 最大水深 最低日数
最低60本の潜水記録 18歳以上 39mまで 最短6日

インストラクター

ダイビングのプロフェッショナルとしての経験を得るだけでなく、ダイバー・インストラクターの最初のステップとして今まで学んだ知識やスキルをベースに、必要な知識や技術の能力開発を重点的に学んでいくコースです。

コースを修了すると、体験ダイビングからダイブマスターまでのSNSIプログラムを実施することができると同時に、スクーバ・ダイビングを教える責任を担います。